MENU

冒頭でもお伝えしたとおり、私は休院日の度に出会いカフェに通い若い娘と割り切りセックスを重ねてきたのですが、ある時それを自重しなければいけない事件が起こりました。変態とはいえ私は歯科クリニックを経営する開業医です。有り難い事に近隣には競合のクリニックがないため、近所に住んでいる方のほとんどが私のクリニックに来院してくれています。その為出会いカフェに通う際は顔バレしないように30分も電車に揺られ、出来るだけ知っている人がいない場所を選んでいました。ですが悪い事は出来ませんね。それだけ気を付けていたにも関わらず患者さんの間で妙な噂が流れてしまったのです。

 

ある日の午前中、中年女性の治療をしているとその患者さんから「先生、お休みの日はいつもお出かけしているみたいですね。うちの娘が先日先生を○○駅で見かけたと言ってましたよ。色々とお忙しいのですね」と言われてしまいました。この言葉を聞き私はドキッとしました。まさか見られていたとは。しかし駅で見られただけ。出会いカフェに通っていることはバレていない可能性も考えられますので深くは考えないようにしていました。しかしその後、その駅で私の事を見かけるという患者さんの話が次第に増えていき、終いにはとある患者さんから「先生も隅におけないですね。あんなに若いお嬢さんを連れて歩いているなんて。もちろん奥様には内緒にしておきますから安心してくれて構わないですよ」と言われてしまったのです。

 

これを機に出会いカフェに通い割り切りセックスをすることを自重することにしました。これ以上誰かに目撃されてしまったら信用を失いかねませんし、妻や娘にバレて家庭崩壊となるのも時間の問題です。ですが変態歯科医である私が性欲を抑えることが出来るのは極わずか。再び欲望が湧き出ていてしまったので、今度はネットを使い割り切りをすることを思い立ちました。